会長挨拶

会長  原田 敏昭 (高知病院) 

 

 中国四国部会として今年の活動におきましては

 1点目は部会として情報共有、広報活動に取り組んでいきたいと考えています。情報共有については例年行っております「職場代表者会議」の継続。今年度は「職場代表者会議」を軸に作業療法士協議会、言語聴覚士協議会とのさらなる連携強化を図っていきたいと考えています。またリハビリ専門職とも情報共有を図りながら研修会の企画、人材育成に関すること、グループ内で理学療法士が求められているものを察知しながら充実したものにしていきたいと考えています。広報活動については「協議会ホームページ」への情報発信にも取り組んでいきたいと考えております。会員数は200名を超えており特に若い世代に対して部会の活動についても関心をもっていただけるように取り組んでいきたいと考えています。

 2点目に人材育成に関すること。平成28年度より行っております「地区単位での人材育成の活性化」を目的とした取り組みの継続。地区理事を中心とした取り組みが行われるようになってきております。今年も各地区での取り組みを継続していきたいと考えております。また、部会運営に関しても士長・主任の方にもどんどん参加・協力していただけるように働きかけていきたいと考えています。

 3点目に「臨床実習指導にかかる研修」の継続。一昨年、「臨床実習指導要綱」を作成し、指導要綱の説明会、また臨床実習指導者にかかる研修を行いました。今年も「臨床実習指導要綱の改訂」を中心として今後も「養成校指定規則改正に伴う臨床実習の在り方」についての情報を得ながら部会としても取り組んでいきたいと考えています。